世界の高級ブランド「シャネル」の時計

シャネルの時計買取について

19210年にパリで小さな帽子店から始まり、今となっては世界のブランドとして不動のステータスとなった『シャネル』。
『女性の世界観・価値観の開放』を唱え、斬新なデザインで人気を博しながら『オートクチュールの女王』と称されるとまでになりました。

1987年に時計部門を設立し、女性用ウォッチ「ル・タン シャネル」をファーストウォッチとして世に送り出します。

その後、現在に引き継がれる「プルミエール」と形状を変え、パリのヴァンドーム広場をモチーフにした八角形型ケースは今となっては定番アイテムに。 2000年には「J12(ジェイトゥエルブ」でメンズラインも展開。セラミックを素材に用いた斬新なデザインと、シャネルのアイデンティティーともされる白と黒のカラーはシャネルファン以外にも受け入れられ、現行の主力モデルとなっています。

偽物のシャネルの時計の判別方法

シャネルの直営店への持ち込みが一番確実な方法といえます。
理由はメンテナンスの依頼でいいでしょう。本物であれば対応してもらえますし、偽者なら対応を断られます。

ご自身での一般的な判別方法としましては、まず、ネジの統一感を見ることです。
本物は全て同一のネジで時計が構成されています。偽者はコストを削減するため、同じネジではなく、見えづらい部分などは違うネジが使われたりしているようです。 一つでも違うネジがある場合は偽者とみなして間違いないでしょう。

もう一つの判別方法は、ベルトの形状を見ることです。
本物のベルトはベルトパーツに端にくぼみが入っていますが、偽者はそういったくぼみが入っていないことがほとんどです。 簡単に判断するなら、まず、この方法でいいでしょう。

シャネルの時計を高額買取してもらうには?

シャネルで一番の高額買取りアイテムが『J12』で、店舗の在庫状況や、その時期の顧客ニーズによっては、『業界相場』を一気に越えてしまうこともあります。

ですから、時事的にシャネルが注目を集める時期などが、ねらい目ともいえるでしょう。

また、ダイヤ巻きなどの輝石を惜しみなく使用しているモデルの場合、日本市場よりも海外市場の方が買取価格が高くなる為、海外への販売ネットワークを多く持っている店舗へ持ち込むと買取り額が期待できます。