外観や内部のコンディションについて

高く時計買取をしてもらうには?

外観が新品に近ければ近いほど買取価格も上がりますので、買取価格を査定してもらう前に特にガラスやベルト部分の汚れなどをしっかり取ってきれいにしておくことも大切です。

また、買取査定前には、オーバーホールもしてもらい内部の部品まで綺麗にし、メンテナンス済みであれば、オーバーホールの証明書を提示することで、これも買取額のアップにつながります。 ベルト部分やその他のパーツも全てがオリジナル部品であることは、言うまでもなく、必須です。

また、電池式で作動するものは、電池が切れているようでしたら、新しい電池を入れて、しっかり動いている状態で査定に出した方が、買取価格も上がるようです。

買取価格査定時は付属品は必須

まず、期限が切れてしまっている保証書であっても、保証書は、その時計が本物である証になりますので、買取査定で付属することは非常に大事なことです。

買取業者の中には、保証書の無い時計は、買取査定を行わない業者もいますので、注意が必要です。 そして、購入時に時計本体が入っていた箱も有ると無いとでは査定額が数万円も変わることもあります。

また、意外と盲点となっている時計のベルトの余っている駒は、持っていても付属品として付属し忘れてしまうことが多い付属品でもありますが、これも有るのと無いとでは査定額が変わってきますので、忘れずに付属して付けましょう。

希少価値のある時計は専門業者へ依頼

限定モデルなどの場合、限定モデルを証明するオリジナルのシリアルナンバー入りの認定書などもあれば、付属品に忘れずにつけるようにしましょう。

しかし、いくら限定モデルの高級時計であっても、それがどれ程の希少価値を付加価値として持っていても、買取業者が、その付加価値を理解しない、もしくは、その付加価値を求める買取業者や顧客などの販売網に特化していない場合は、買取査定において、その付加価値を考慮しませんので、買取査定額はあがりません。 この付加価値を付けれる買取業者とそうでない業者の買取価格の差が十万円以上あることも少なくないのが現状ですので、希少価値などの付加価値があるモデルを買い取ってもらう際には、そのモデルに特化した買取業者を下調べして探すことが、高額買取をしてもらうために、非常に重要になってきます。